大嶋一生(おおしまかずお) 「継承」と「改革」

ご挨拶

 平成18年3月の合併から12年、これまでは新日光市として成長するための基盤を作る時代であったと言えます。この間、主要な公共施設の整備事業が着々と進められ、あと数年で完了となる見込みです。それと同時に、これら事業の主たる財源である合併の特例措置も終わりを迎えることになります。

 人口減少社会の到来により、確実に収入が減少していく中、今こそ、10年・20年先の未来を見据えた確かな経営戦略によって、産業基盤を強化するなど、地に足をつけた市政運営に取り組まなければなりません。

 それには、無駄のない確固たる財政基盤を築くことで、安全・安心に暮らすことができる『強い日光』を創り、次世代につなぐ持続可能なまちづくりを実現することが重要です。

 また、超少子高齢社会において、真に必要な市民サービスを見極め、子育て世代の負担軽減や社会福祉の充実、さらには高齢者に配慮した交通体系の確立など『優しい日光』創りに向けた施策の推進も必要です。

 加えて、広大な面積を有することから生まれる各地域の特色ある資源や多様な価値観・伝統を尊重し磨き上げることで、『人が輝く日光』を創り上げる施策を展開しなければなりません。

 私は、民間企業経営の経験と議員としての経験を活かし、情熱と志、若さと行動力で、市政に新風を吹き込みます。そして常に経営感覚を持ちながら、直面する課題の解決や目的を達成するための歩みを、着実に、誠実に、前へ進めてまいります。

 成長から円熟に向かう日光を、さらに強く、優しく、人が輝く日光とするため、また、市民の皆様と共に『日光プライド』(伝統・文化・歴史・誇り・自信)を育み、次世代へつなぐことができるよう、皆様の知恵をいただきながら、覚悟をもって粉骨砕身邁進いたします。

大嶋一生の歩み

  • 昭和40年1月25日生
  • 今市第三小学校、今市中学校、県立栃木高校、東北福祉大卒業
  • 家族:妻、長男、次男
  • 日光市小代在住
  • 座右の銘:受けた恩は石に刻み、かけた情けは水に流す
  • 趣味:ウォーキング、ゴルフ

 

<経歴>

  • 社団法人今市青年会議所 理事長(平成11年)
  • 社団法人日本青年会議所栃木ブロック協議会会長(平成14年)
  • 栃木県行政改革推進委員(平成15年-16年)
  • 日光市議会議員(平成22年〜26年)
     *平成22年5月〜平成24年3月 民生環境常任委員会 副委員長、議会活性化調査特別委員会 委員
     *平成24年5月〜平成26年3月 総務常任委員会 委員、議会基本条例調査特別委員会 委員
  • 日光市長選挙出馬(平成26年度) 次点

<職歴>

  • 平成元年 葵建設株式会社 入社
  • 平成18年〜平成22年4月 同 代表取締役
  • 平成22年5月〜 同 相談役

大嶋一生後援会事務所

〒321-1274 日光市土沢字東原1891

TEL. 0288(25)6333 FAX. 0288(25)6334


より大きな地図で 大嶋一生後援会事務所 を表示
お車で

・日光宇都宮道路 大沢IC、土沢ICから5分

電車で

・JR日光線 JR下野大沢駅下車 徒歩15分

バスで

・日光市営バス 下野大沢線

土沢原バス停下車
徒歩1分

inserted by FC2 system